So-net無料ブログ作成

メンバー脱退で騒動になった アメリカのロックバンド Paramore パラモアのヴォーカル Hayley Williams ヘイリー・ウィリアムス [アメリカ アイドル]

Hayley Williams ヘイリー・ウィリアムスは、アメリカのロックバンド Paramore パラモアのリード・ヴォーカル。ミシシッピ州メリディアン出身、1988年12月27日生まれ。

2002年、13歳のときに、両親が離婚し、母に引き取られ、テネシー州フランクリンに移り住む。学校には通わず、自宅で勉強するホームスクーリングをやっていたが、週に一度、補足するプログラムが行われ、そこで、ジョシュ・ファッロ と ザック・ファッロの兄弟と出会い、後に二人はパラモアのメンバーになる。

この頃、テイラー・スウィフトなどをトレーニングし有名なヴォーカルコーチ Brett Manningの元でヴォーカルレッスンを受けている。パラモアを結成する前、ザ・ファクトリーというファンク・カバーバンドを結成、このときに、ジェレミー・デービスが参加。ジョシュ・ファッロ と ザック・ファッロは放課後、練習に加わっていたという。

ヘイリー・ウィリアムスの歌声は、当時、すでに世間に知られており、マネジャー Dave Steunebrink と Richard Williamsの目にとまり、2年間の契約を結ぶ。その後、Richard Williamsの弁護士を通じ、アトランティック・レコードを紹介され契約に至っている。

日本人の感覚としては、アーティストがプロダクションに入り、そこでマネージャーが付くようになるという印象があるのだが、米国に限らず海外では、マネジャー業が独立してあり、レコード会社との架け橋になっていることがよくある。

レコード会社側は、ヘイリー・ウィリアムスをソロのポップシンガーとしてデビューさせようとしたが、本人は、ロックでも、オルタナティヴ・ロック、そして、バンドを背にして歌いたいという強いこわだりがあり、最後は、レコード会社が折れている。

2004年、パラモアが正式に結成され、ヘイリー・ウィリアムス(リードヴォーカル)、ジョシュ・ファッロ(リード・ギター)、ザック・ファッロ(ドラム)、ジェレミー・デービス(ベース)。後に、ヘイリー・ウィリアムスの近所に住む ジェイソン・バイナムがリズム・ギターで加わるが、デビュー前に脱退。

このバンドは、メンバーの出入りが激しいというほどでもなく、リズム・ギターが3回代わったが、結成当初のジェレミー・デービスが一時的に抜けて戻ったりしているが、後にファッロ兄弟が騒動になる。

2010年12月、ファッロ兄弟の脱退をヘイリー・ウィリアムスが明らかにしたのだが、その後、ファッロ兄弟はブログで長々と不満のようなものを書き込み、もめる。

内容としては、レコード会社と契約したのはヘイリーのみで、バンドとしてではなく、ヘイリーだけのプロジェクトになり、パラモアがメジャーレーベルに操られた製品になった。また、バンドの扱いが悪かったとも書かれている。

これに対して、ただバンドをやりたくないと聞いてただけだった ヘイリー・ウィリアムスは、だまされたようだと腹を立て、インタビューで反論。二人が抜けたら、パラモアが存続できないという噂を払拭している。

3人体制になり、リリースされたシングル曲が、映画 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(原題:Transformers: Dark of the Moon)のオリジナル・サウンドトラックに収録された 『Monster モンスター』。

この曲が、高く評価され、3人でもパラモアは変わらないとアピールすることになる。確かに、二人のメンバーが抜けた後、直近にリリースされたシングルを比較しても、チャート上では、それほど大きな影響は見られない。

『That's What You Get』は2ndスタジオアルバム 『Riot!』、『Decode』は映画 Twilightのサウンドトラックに収録。今年4月10日にリリースされる 『Paramore パラモア』の日本盤には、2つのボーナストラックを収録。


That's What You Get


Decode



Monster

   


nice!(331) 
共通テーマ:音楽

nice! 331

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。