SSブログ

ジャスティン・ティンバーレイクの祖父が気に入った アメリカの歌手 Tonya Mitchell トーニャ・ミッチェル [アメリカ アイドル]

Tonya Mitchell トーニャ・ミッチェルは、アメリカの歌手、女優、モデル。ケンタッキー州ホプキンス郡マディソンビル出身、1982年8月21日生まれ。本名は、Tonya Jean Mitchell。

生まれたのは、マディソンビルだが、育ったのは、テネシー州メンフィスの北西にある小さな町 ヒューロン。1998年、16歳でセント・ジュード病院でカントリーソングを歌い、ジャスティン・ティンバーレイクの祖父 ビル・ボマーが、これを聴き気に入ったという。

このとき、トーニャ・ミッチェルに孫がジャスティン・ティンバーレイクであることを話し、ティンバーレイクの母親が、マネージメントし、ティンバーレイクのマネージメントカンパニー JustinTime Entertainmentがサポート。そして、ユニバーサル・レコードと契約することに。

2001年には、1stシングル 『Broken Promises』が、ラジオ・ステーションでヒット。この曲は、Billboard Hot 100で17位。その後、デビューアルバム 『I Represent』をリリース。アメリカのボーイ・バンド 'N Syncのポップ・オデッセイ・ツアーのオープニング・アクトに参加。様々なアーティストと共にステージに立っている。この年、父親が病気で亡くなり、ユニバーサル・レコードを離れ、家族で過ごすようになる。

2005には、新たにマネージメント会社 Brand-On Entertainmentと契約、『BAD GIRL』、『Shy Role』などいくつかの曲をリリース。この他、栄養ドリンク モンスターエナジーのジングルをレコーディングするなどしていたが、2008年には、音楽活動を終えている。


Bad Girl

  


nice!(258) 
共通テーマ:音楽

nice! 258

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。